2020年3月27日金曜日

介護職員等特定処遇加算

~介護職員処遇改善加算とは~
介護職員の処遇改善につきまして、平成29年度の臨時改定における介護職員処遇改善加算の拡充を含め、これまで数次にわたる取り組みが行われてきましたが「、新しい経済政策パッケージ(平成29 年12 月 8 日閣議決定)」において、「介護人材確保のための取り組みをより一層進めるため、経験・技能のある職員に重点化を図りながら、介護職員の更なる処遇改善を進める。」とされ、令和元年 10 月の消費税引き上げに伴う介護報酬改定において対応することとされました。この件を受け、令和元年の介護報酬改定において、「介護職員等特定処遇改善加算」が創設されました。当該加算算定のために、下記の要件を満たしている必要があります。

~介護職員処遇改善加算の算定要件とは~
現行の処遇改善加算Ⅰ~Ⅲを算定していること
■現場環境要件について、「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」「その他」の区分
で、それぞれ1つ以上取り組んでいること
■賃上げ以外の処遇改善の取り組みの見える化を行っていること

~「見える化」要件とは~
賃金以外の処遇改善に関する具体的な取り組み内容を、「介護サービスの情報公開」や事業者のホームページを活用する等して、外部から見える形で公表することになっています。

~職場環境要件の提示について~
■資質の向上
働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を取得しようとする者に対する喀痰吸引、認知症ケア、サービス提供責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援(研修受講時の他の介護職員の負担を軽減するための代替職員確保を含む)

■労働環境・処遇の改善
ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえた勤務環境やケア内容の改善
□事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の所在の明確化。
□健康診断・こころの健康等の健康管理面の強化、職員休憩室・分煙スペースの整備

■その他
介護サービス情報公表制度の活用による経営・人材育成理念の見える化
地域の児童・生徒や住民との交流による地域包括ケアの一員としてのモチベーション向上

2020年3月5日木曜日

「四方よし」令和2年3月号 第62号




こんにちは!今冬も雪不足や温かさが話題に上がることが多く、実際にも冬らしさを感じる日が少なかったと思っている久保大輔です。各地で平年よりも気温が高く観測史上、記録的な暖冬になる見通しなのも納得です。除雪機もスノータイヤも、早めに購入したスキー場のリフト券も出番がありません。その代わり、備蓄しておいたトイレットペーパーが出番となりました。人間だもの、不安になるとデマや噂に流されてしまうこともあります。備蓄が必要になるのは、災害の時だけではないんですね。そして、しっかり準備しておくことの大切さも、この3月という時期に改めて考える機会になりました。相田みつをさんは、「奪い合えば足らぬ、分け合えば余る」と、言っていました。「私の家には十分にあるから、どうぞ。」や「とっくにお店で普通に買えますよ。」と、必要な人に必要なものが必要な時に行き渡る、そんな状況に早くなると良いですね。それが、どこよりも皆さんの地域から起きたら素敵ですよね。それでは、「四方よし」スタートです!






さざなみタウン(長浜市役所跡地)が昨年の12月にオープンしました。38日(日)に開催される予定だった「まちなか さざなみフェスタ(中止)」に脳年齢チェックコーナーで出展予定だったのですが、今回の新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からイベント開催自体が中止となってしまいました。とても残念です。新しくできた施設で、しかも、“まちづくり”のお手伝いができることは、とてもワクワクします。以前から関係者の方には、「新しくできる、さざなみタウンでイベントがある時は、お手伝いさせて下さい!」と、伝えていたのですが、そのことをしっかり覚えていて下さり、出展依頼を頂けた事はとても嬉しいことです。今回は、残念でしたが、次の機会があるかもしれないので、しっかりと準備をしておきたいと思います。



新型コロナウイルスのため、不要不急の外出を控える必要があります。僕も楽しみにしていた研修や食事会は参加できませんでした。とても残念でした。そんなことを、ご家族皆さんが僕のことを「部長!」と呼んで下さる、Sさんに送迎中にお話ししました。そうすると、言葉が出にくいSさんは、少し口ごもりながら「・・・残念だったね、また今度、行けると良いね。」と、優しい口調で言って下さいました。今度は、「Sさんは、どこにでも行けるとしたら、どこに行きたいですか?」と、尋ねました。「旅行かな?食事かな?」と、勝手に答えを想像していました。すると、Sさんは即座に、「湖北町のパチンコ屋さん!」言い、一瞬間を開けて、罰がわるそうに「ごめ~ん。」と言いました。その後、バックミラー越しに目を合わせて2人で大笑いです。Sさんの行きたい場所の返事には正直驚きましたが、僕自身、このような制限がある状況に遭ってみて、「行きたい場所に、行きたい時に行ける。」のは、大切なことだと思いました。僕は、“また今度、行けます。”Sさん、“行けるとしたら”ではなくて、“行くために”リハビリテーションこれからも頑張りましょう。ご家族に「湖北町のパチンコ屋さん」を言う時だけは助けて下さいね(^^♪

2020年2月11日火曜日

「四方よし」令和2年2月号 第61号








こんにちは。年末に自分たちでついたお餅を食べ過ぎたせいか、それとも、寝正月だったからか、どうやらその両方の理由で、体重が3キロ増えてしまった久保大輔です。3キロ体重が増えると疲れやすさが2倍になるそうです。身体が重たいので疲れも増すのも納得です。一方、「身体の動かし方」が悪くても疲れが増すそうです。整形外科の中村格子医師によると、普段履いている靴のかかとで、疲れにくい歩き方の確認もできるそうです。靴のかかとの外側が両足とも同じバランスで少しだけ減っているのが、「良い」そうです。かかとの内側や、つま先が減っている人は、身体の中心(体幹)が定まっていない疲れやすい歩き方をしている可能性があるそうです。皆さんも、しっかり歩けているか、一度、靴を確認してみて下さいね。それでは、「四方よし」スタートです♪


12月~6月末は、ビワマス解禁期間です。「旬のビワマスはマグロのトロに負けない美味しさ。」と、あるテレビで、紹介されていました。1月19日(日)、スタッフの中村翼君とビワマス釣りです。待ち合わせは午前6時。待ち合わせ30分前に翼君から、「おはようございます」のメールです。僕もすぐに返事をします。実は、とても楽しみで4時から起きていました。だから、外はまだ真っ暗ですが準備万端です。琵琶湖には現在100種類を超える魚介類が生息していて、そのうち、ビワマスも含め44種類が琵琶湖だけに生息している固有種です。サケ科に属し琵琶湖内で2年半~3年半ほど、回遊生活をして10月~11月に産卵のために生れ故郷の河川を遡上する、サケに良く似た生活をします。秋に湖岸の姉川大橋を通ると、遡上するビワマスを狙って川岸を埋め尽くす、たくさんの鳥たちの光景をご覧になったことはないでしょうか?自然の厳しさを考えるとともに、ビワマスの味を知ってからは、鳥たちが食べたくなる気持ちにも納得です。さて、明るくなった7時前に長浜港から出航です。鳥たちに負けないように羽こそ生えていませんが、翼君とビワマスが釣れるポイントまでボートを飛ばします。東から昇る朝日を背にして、45分ほどするとポイントに到着です。「そろそろ、始めましょう!」の指示で釣り糸を垂らします。普段なら、この後、のんびり朝食を摂りながら当たり待つのですが、この日は1投目から翼君ヒットです!この後も、釣り方を変化させて、立て続けにビワマスを釣り上げます。僕は我慢の時間です。仕方ありません。だって、釣り竿も仕掛けも翼君が準備してくれているから…。「自分だけ良い仕掛け使ってんじゃない?」なんて、全然思っていません。小さいボートを大きな琵琶湖に浮かべてのんびり話をしながら釣りをする時間も大好きだから、へっちゃらです。今回、ほとんど僕は釣り上げることができませんでしたが、やはりビワマスにとって翼のついている相手には勝てないということで、職場のスタッフさんに振る舞えるくらい大漁の釣果となりました。スタッフさんが、「美味しかったです。」「初めて食べました。」と、言いに来てくれる度に、僕は釣ってなくて申し訳ないけど、喜んでもらえて良かったと思いました。今度は、大物を釣るぞ~!!

2020年1月9日木曜日

「四方よし」令和2年1月  第60号

売り手よし/買い手よし/世間よし/未来よし
「四方よし」令和21月発行 (第60回)


本年もよろしくお願いいたします
こんにちは!インターネットにも載せている「四方よし」
最近、「ネットで見ています。」という声を頂くことが増えています。
印刷物で読んで下さる方、インターネットで読んで下さる方、
色々な選択肢をご提供する必要があることを改めて実感しています。
認知症予防に関しても、僕は学習療法を通してお客様とスタッフさんのたくさんの笑顔を見ています。
改善例も体験しています。
ただ、認知症予防に関して、テレビや本、ネット、地域での取り組みなど、
色々な情報や選択肢があります。皆さんが無理なく続けられる取り組みをすることが、
僕は素晴らしいと思います。
脳は、「意志と習慣」でできています。
「今日もイキイキと健康に過ごすぞ!」という意志と、日々の生活の積み重ね、習慣です。
令和2年、皆様の身体と脳の健康を祈念しています。それでは、「四方よし」スタートです (^O^)

「久保ちゃん!餅つきするから、お鏡さんは買わなくて良いよ~」
12月入って、お世話になっている甲良町の先輩からお誘いです。
1230日、毎年恒例のご家族のお餅つきに飛び入り参加です。家でするお餅つきは初体験です。
以前は、ジーバのお客様でも、お家でしている方も結構ありましたが、最近では珍しい、全行程を手作業で行うお餅つきです。お餅つき歴50年以上の先輩のお父さんが陣頭指揮をとります。お父さんからすると僕たちは、「若手」です。代わる代わる杵でお餅をつき、手返しをしていきます。特にしんどいのが、もち米をセイロで蒸した後の米粒をつぶす「ごくつぶし」です。
お父さんから、「杵に体重を乗せて、自分が臼の周りを回ってごらん。杵を回すより楽だよ。」と教えて頂きました。「蒸し加減と穀つぶしで、お餅の仕上がり変わるんだよ。」との言葉に、責任重大です。もう、この頃には、お父さんは、「先生」です。
つき終わった臼の中のお餅は、湯気立って艶もありとても綺麗です。のんびり写真を撮っていると、先生から「さぁ、熱いうちにちぎって丸めて。」と、指示が出ます。冷めてしまうとお餅の形づくりが難しくなるそうです。ここからは、先生も一緒に丸めて餅箱に並べていきます。その手際の良さと、綺麗な仕上がり、年季の入り方が違います。
セイロ4段目。もち米を臼に入れ、先生が塩をかけると「さぁ、食べてごらん。」と、つく前の熱々のもち米を口の中に頬張ります。それに倣って、僕も一口食べてみます。もち米の弾力があるまさに「御強おこわ」です。「美味しいです。」に、「今までの分は、鏡餅にしたり神棚に供える分だから、神様より先に人が食べる訳にはいかないんだよ。」と、教えて頂きました。
穀つぶしが大変なこと、セイロから出したもち米の湯気、杵の音と振動、つきたてのお餅の柔らかさ、しきたりや習慣、実際に経験することの大切さを実感しました。この杵つきのお餅を食べたら、ちょっと他のお餅は食べられないかもしれません。


久保大輔